■ Babolat Stringing Lab(Babolab)

   
   

フレンチオープン(全仏オープン)でのバボラのストリンギングブース=Babolab=の模様がYouTubeに掲載されていましたので、紹介しますね。

まずは、受付(Players Desk)です。ラケットやストリングを受け取って、パソコン等で番号管理します。

次はCleaning Zone。ここでは、ストリングを外してラケットを清掃した後、ごっちゃにならないように番号を付与して袋に入れ、次のゾーンへ回します。

いよいよ、Stringing Zone。ストリングやガットを張ります。
マシンも番号管理されており、どの選手のラケットを何番のマシンで張っているのか、Labの前に設置された液晶ディスプレイで一目瞭然です。

そして、Log Zone。メーカーロゴのマーキングですね。
これはプロ契約状態をステンシルで示しますので、実はとても重要な作業です。

最後にPlayers Deskへ戻ってきて、選手に手に戻ります。

 

・・・どうでした??

行ってみたいと思いませんか?♪───O(≧∇≦)O────♪

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ラケット
■重たいラケットと軽いラケット

今日のお話はラケットの重さについてです。 『ラケットは重たい方が良い』という話を聞かれたことがあると …

プロ
■ボールがネットを越える高さ

今日は「ボールがネットを越える高さ」について書いてみたいと思います。 百聞は一見に如かず!なので、ま …

プロ
■2017 Australian Open Round4 錦織 vs R. Federer

すみません。 またご無沙汰しております。m(__)m ・・・というワケで、試合動画の紹介です(笑) …