■ハイテンションポリ

   
   

先日、PURE DRIVE 2018にハイペリオン(シグナムプロさんのポリ)の1.30mmゲージを55Lbsで張ったお話を書きました。

これは、その続編です。

これ↑↑↑ですね。写真はロールですが・・・

こちらを55Lbsで張って使ったのですが、ラケットが息子のラケットだったので、チューニングして送り返しちゃいました。

・・・なのですが、もう1度試してみたくなって、試打ラケットに、今度は54Lbsで張って使いました。

まぁ、ー1Lbsなので、変化は感じられませんが・・・気持ちの分、下げてみました。

 

結果から言いますと、55Lbsと同じように打てました。(まぁ、気持ちの分のー1Lbsなので当然ですが(笑))

 

ストリングの時間経過による変化も見てみたかったので、1週間ほど知り合いに貸し出して、それが返って来ましたので、早速、レッスンで使ってみました。

実は、それが昨日(18日)だったのですが、ご存知の通り、最悪の雨天で、その中でジュニア(県のトップクラス)とのラリーに使ってみました。

張ってから1週間以上経っているのですが、思いのほか、軽快にボールを打つことが出来ました。

いや~、結構、ビックリxビックリでした。

1.30mmゲージの54Lbsが1週間も経過すりゃあ、もうシンドイだろうな・・と覚悟して臨んだのですが、、

何と何と、フォアハンドストロークに関しては、水を吸って重くなったボールでも、若干の軌道調整(少し高く)で、しっかりと深く運ぶことが出来ました。

ただねぇ、、最近、得意であるハズのバックハンドが、あまりにも打ってないせいで、感覚が乏しくなってまして、、こちらは、結構、厳しい感じでしたねぇ。

レッスンでは、ほとんどフォアしか打たないし、スライスも使わないので、バック対バックのクロスラリーでは、うまくボールをとらえるコトが出来ずに、短いボールのオンパレードになっちゃいました。

 

まぁまぁ、それでも、ストロークは、思いのほか上出来!だったので、ボレーもしてみました。

・・・がぁ、シトシトと降り続く雨のせいで、グリップはズルズル!!少しでもスポットを外すと、グリップがぐるぐる回って面を固定できませ~ん。(@_@;)んん~~~

そのせいで、スポットを外した時の衝撃の大きさをシッカリと確認できました(笑)

・・でもって、少しスイングを加えながら、集中してボレスト(ボレー対ストローク)!

 

ストロークでは、小気味よく弾いてくれたのですが、やはり、ボレーでは、もう少しホールド感が欲しいなぁ!って思いました。

小さなスイングの中で行われるボレーなので、ホールド感が乏しいと「押したり引いたり固定したりのタッチ」が難しくなってしまいます。

特にミドルやローボレーは、ボールを持ち上げる間隔も欲しいので、ホールド感は大切ですね。

 

そんな中、雨が本降りになってきちゃったので、1時間40分程で、レッスン終了~~となっちゃいました。

 

・・・で、帰って来て、お風呂を入りながら、手の甲側にちょっと疲労感を感じたので、、やっぱり、雨の中でのハイテンションは、オジさんには、ちょ~っと厳しいかな!?って思いました。

 

今度は、もう少しテンションを下げるか、1.24mmゲージのハイペリオンを試してみたいと思いま~す!

( ̄▽ ̄)ノ

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ラケット
■重たいラケットと軽いラケット

今日のお話はラケットの重さについてです。 『ラケットは重たい方が良い』という話を聞かれたことがあると …

ストリング
■ストリングの重さ

当たり前ですが、ストリングにも重さがあります。 まぁ、あまり気にされる方もいませんが、ホントは結構な …

ストリンギング
■ハイテンションポリ(その後)

こんにちわ~っす。m(_ _)m え~、ハイテンションポリにハマっちゃいました!ヾ(≧▽≦) それで …