■エス・マッハ+アスタポリ+スプラゲージ

   
   

え~、書ける時に書いておこう!と思い、頑張ってます。p(^◇^)q

今日のネタは、TOALSON(トアルソン)さんのラケット&ストリングです。

すごく打ち易い&使い易いで評判の、S-MACH(エス・マッハ)に、これまた、評判の良いストリング2つ、ASTER POLY(アスタポリ)とSPLAGAUGE(スプラゲージ)を組み合わせてみました。

 

まぁ、S-MACHにASTER POLYとSPLAGAUGEをハイブリッドしてみましたぁ!ってことですね。
(^◇^)ノ

各アイテムの詳細は、メーカー(TOALSON)のWebサイトをみてくださいね~

■ラケット&ストリング

S-MACH280/G2
ASTER POLY 125
SPLAGAUGE130

 

張り上げた感じは↓↓こんな感じ↓↓です。

ちょっとアップで↓↓↓

1日目:レッスンでのラリーで6時間ほど使いました。

2日目:こちらも同様に2時間ほど使いました。

 

 

 

ストリングのセッティングとしては、
メイン:ASTER POLY 125 BK/クロス:SPLAGAUGE130 ⇒ 45Lbs です。

LASER125REDを45Lbsで張って試打もしましたが、当然ですが、こちらの方が楽にボールを打てました。

個人的には、もう少し球離れが良い方が好き(オジさん的な理由から)なのですが、耐久性を重視して、クロス(横)のスプラゲージを130mmの太目のゲージにしたので、ホールド感が強めに出ていたと思います。

スプラゲージ125mmであれば、もう少し軽快にボールを打ち返してくれたと思いますので、1~2Lbsテンションを落とせば、(私にとっては)ベストだったかも・・・ですね。

 

面白かったのが、、球持ち感が強いので、飛ばない感じがするのですが、、打ち出されたボールは、目的のエリアまで、ちゃんと飛ん行ってくれてるんですね。

まぁ、力んでしまうとボールは飛ばなくなるので、両肩&グリップの脱力を意識しているのですが、脱力している状態だと、今度は、ラケットに引っ張られて振られてしまうことがあります。

・・・ですが、S-MACH280は、325mmバランスでもそんな感じが全くなくて、実際のスイングとイメージが素直に一致してくれる感じです。

この辺が使いやすい印象を与えてくれるポイントなのかなぁ~と個人的には思っています。

 

さて、そうこう考えている間に、試打2日目です。

少しストリングが柔らかくなったせいか?私が慣れたせいか?、とても打ち易くなっていました。

それと、もう1つ。

1日目には付けていた振動止めを外しました。
(あ~、まぁ、ただ単に忘れちゃっただけなんですが・・・(≧▽≦)ゞ)

・・・ですが、これが功を奏しました(笑)

もともと、S-MACHそのものが、とても振動が少ないので、振動止めが必要か???って話もありますけどね・・・

ボレーのフィーリングに関しては、大きな変化はありませんでしたが、ストロークのフィーリングがとても良くなっていたのにビックリ。

確かに280gということもあって、手打ちショットも出来る重さではありますが、それでも、想像以上に良いボールを打ってくれました。

ボレー(風上)&ストローク(風下)の練習していた時に、
バランスを崩してストレートへ打ったパスが、「すっ!」とネット越えたり、
ショートクロスへのパスが3連発でドンピシャ狙った所へ打ち込めたり、
スマッシュの切り返しロブが振り遅れずにキチッとコートセンターに返せたりと、
280gラケットであるにも関わらず全く打ち負けませんし、
強打に対するボレーの面や、ショートバウンドショットの面もピタ!と決まるなど、
本当に扱いやすいラケットに仕上がっていると思います。

是非!1度試してみてくださいね~(^◇^)ノ

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ラケット
■重たいラケットと軽いラケット

今日のお話はラケットの重さについてです。 『ラケットは重たい方が良い』という話を聞かれたことがあると …

ストリング
■ストリングの重さ

当たり前ですが、ストリングにも重さがあります。 まぁ、あまり気にされる方もいませんが、ホントは結構な …

ストリンギング
■ハイテンションポリ(その後)

こんにちわ~っす。m(_ _)m え~、ハイテンションポリにハマっちゃいました!ヾ(≧▽≦) それで …