■エス・マッハ+アスタポリ+ナチュラル

   
   

え~、、調子に乗って、今度は、S-MACH300+ASTER POLY125+Naturalにしちゃいました(笑)

まぁ、見た目では全く分かりませんね~

メイン(縦):ASTER POLY 125 BK
クロス(横):Super Natural 130(FUSION NATURAL 02のハーフガット)

クロスのスーパーナチュラルは、本来、レンコン+スーパーナチュラルのハイブリッドパッケージなのですが、新しいアスタポリを縦に使ってみたかったので、レンコンは使いませんでした。

テンションは、45Lbsです。

こちらも、レッスン中のラリーや球出しなどで2日間ほど使ってみましたが、、幸いにも天候が良く雨が降らなかったので、気兼ねなく使うことが出来ました(笑)

いや~、、ポリとの組み合わせとは言っても、さすがにナチュラル込みです。

ボールを加え込んで、少し押し出してくれるようなフィーリングは、とてもGood!!です。

ナチュラルガット単体だと、 しなり(食い付き)過ぎたり飛び過ぎたりと、最近のハイパワーラケットにはそぐわないかも知れませんが、、メインやクロスにポリ(アスタポリ)が入ることで、打球感が柔らかくなり過ぎず、パワーやフィーリングを調整してくれるのは、とてもナイス!です。

ハイブリッドの短所は、縦ポリにした場合の、ポリの寿命が短くなってしまう!という点です。

もともと、伸縮の「縮の力」に乏しいポリエステルストリングですが、、これが縦横ともに同質のポリエステルであれば、お互いに支えあってくれますが、横にナチュラルやナイロンを組み合わせると、横は縦のポリを支えてくれなくなりますので、柔らかさが出る半面、伸びやすくなってしまい、打感が悪くなりやすいです。

・・・ですので、縦のポリには、腰の強いストリング必要となってきますが、、横にナチュラルガットが組み合わされると、ナチュラルは、反発力もテンション維持力も通常のナイロンよりは強いので、縦ポリが悪くなってきても、横ナチュラルがボールを飛ばす手伝いをしてくれます。

まぁ、ナチュラルがすべて良い点ばかりではないですよね。

何よりも、湿気に弱い!という最大の難点があります。

オムニコート全盛期の今では、雨が降った後は、まず使わない方が良いですね~、、、コートの砂がたっぷりと水を含んでいますからね~

メイン(縦)にナチュラルを用いている場合は、即効で切れてしまいますので、特に注意が必要です。

それと、ホールド感を利用してボールを打つことに慣れていなければ、逆に制御が難しくなりますので、やはり、自分のスタイルとの相談も必要ですね。

ただ、やはり、ナチュラル入りの感触は別格ですので、慣れてしまうと戻りにくくなってしまう『毒』と同じっすね~

是非一度、中毒になってみてください(笑)(≧▽≦)(笑)

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ラケット
■重たいラケットと軽いラケット

今日のお話はラケットの重さについてです。 『ラケットは重たい方が良い』という話を聞かれたことがあると …

ストリング
■ストリングの重さ

当たり前ですが、ストリングにも重さがあります。 まぁ、あまり気にされる方もいませんが、ホントは結構な …

ストリンギング
■ハイテンションポリ(その後)

こんにちわ~っす。m(_ _)m え~、ハイテンションポリにハマっちゃいました!ヾ(≧▽≦) それで …